野間 芳実

2019.6 代表質問

令和元年施政方針について

(質問要旨)

市民の生命・財産を守ることを最優先事項と考え、防災・減災施策を進めているが、「自助」「共助」「公助」によるソフト面での対策と、鈴鹿市の海岸堤防整備などのハード面での対策の考えを尋ねる。


(答弁)

ソフト面の対策では、耐震補強工事などの補助事業、自主防災組織活性化事業などの推進、関係機関などと連携した防災対策の構築に取り組んでいます。

ハード面の対策では、海岸堤防の整備促進を目的とした「鈴鹿市海岸堤防促進協議会」を設立しました。三重県管理の海岸堤防については、老朽化・空洞化対策として緊急的な補強対策と、耐震対策として、大きな被害をもたらす津波の作用に対し必要な堤防機能が確保されていることが確認できており、現在、千代崎港海岸原永地区で離岸堤による海岸浸食対策事業の実施を進めているところです。